敷金返還請求トラブル・50〜65デシベル

敷金返還請求トラブル.jp
敷金、原状回復、相談先の法律専門家等、敷金トラブルのポータルナビ&リーディングサイト

トップページ 相談する 回答する

不動産・建築家系情報サイトリンク集1

このリンク集に記載しているサイトは、当サイト運営側の独断で、ネット上で適切な活動をされていると判断したサイトです。(相互リンクも募集中です

必ずしも、敷金に関する内容や相談を実施しているサイトだけを記載している訳ではありません。(又、相互リンクが確認できないサイトやリンク切れサイトは定期的な点検により削除しておりますので、最新のサイト情報をご覧頂けます)

※大変申し訳ございませんが、リンク集の利用しやすさの観点から、1ページあたり30サイトまでの掲載とさせて頂きます。

サイトリンクページ8

横田建築設計事務所
時が経つにつれて味わいを感じられる住まいを一緒に考え形にしたいと思います。

(有)菅原不動産経済研究所
不動産の鑑定評価はもちろん土地を取得する事前調査から不動産の個人間売買のお手伝いまで。

高橋建築研究所・一級建築設計事務所|建築家・高橋寛
最新の3D(BIM)設計技術により、住宅からビルまで、新しいデザインとコストダウンを目指します。

建築パース制作 モデルノ
全国どこからでもクオリティーの高い建築パースを低価格で制作

草加市新築一戸建て購入ナビ
埼玉県草加市の新築一戸建てと中古マンション専門です。

店舗デザインサーチ
店舗デザインサーチで無料一括見積り。






敷金用語集「50〜65デシベル」

50〜65デシベルとは?

これは、敷金に関する事でもなければ、用語でもないのですが、不動産トラブルにおいて重要な数字ですので、ご紹介します。

不動産トラブルで多いのが、敷金、ペット、ゴミ、騒音なのですが、その中でも比較的大きな事件になりやすく、誰でも被害者、加害者になりやすいのが騒音トラブルです。

ここで紹介する50〜65デシベルとは、騒音として法律的にアウトだと判断されやすい大きさなのです。

と言うのは、07年、実際に「マンション階上の幼児が部屋の中を走り回る足音がうるさいとして、その父親に慰謝料36万円の支払いを命じた」という裁判があるのです。

勿論、その足音が深夜に及ぶ事があった等、慰謝料額を決定付ける要因はあるのですが、基本的に騒音の大きさとしては65デシベルを超えるようだとアウトだと言われる事が多いです。

実際に50〜65では幅が広いですから、55から上を越えちゃうとマズイ事になるな、という認識でいましょう。






copyright© 2010- 敷金返還請求トラブル.jp All Rights Reserverd.
当サイトの許可なくコンテンツの一部又は全文のコピーならびに転用の一切を禁じます。