敷金返還請求トラブル・原状回復の具体的事例と解説

敷金返還請求トラブル.jp
敷金、原状回復、相談先の法律専門家等、敷金トラブルのポータルナビ&リーディングサイト

トップページ 相談する 回答する

賃貸の原状回復の具体的事例と解説

基本的な原状回復の事例と、その修繕義務の判断の一覧を作りました。よほどの事例じゃない限り、このページを参考に判断できる位です。


壁・クロス・床関係

クーラーからの水漏れによりカビや腐食が発生した場合
借主負担
 水漏れした際に適切に手入れをしなければいけないのは賃借人ですので、それを放置した事は通常使用による損耗を越えたものと判断されます。


結露を放置した事で拡大したシミ、カビ
借主負担
 結露の発生自体はしょうがないが、それを放置する事は賃借人の善管注意義務違反となります。それによってカビやシミが発生したり、拡大した場合は通常使用を超える使用による損耗と判断されます。


ポスターや額縁を飾った部分の壁紙の色落ち
貸主負担
 ポスター等を貼る事自体は通常の使用であり、その縁部分が日照などで照らされ壁紙の色あせが生じる事も通常使用の範囲と考えられ、修繕費用は貸主負担という判断になります。


壁にあけた画びょうの穴
貸主負担
 ポスターやカレンダー等を掲示する事は通常使用の範囲内であり、その為に使う画びょうによる穴は通常使用による損耗の範囲内と判断されます。


壁にあけた釘穴、ネジ穴
借主負担
 これらは画びょうに比べ穴が深く、範囲も広い為、通常使用を超える使用と考えられえ、修繕費用は借主負担と判断されます。


イスの使用等による床の傷やへこみ
借主負担
 イスを動かしたりキャスター使用で床に傷がつく事は充分予想する事ができ、保護マットを敷くなどして充分にその傷を予防する事ができる為、その傷は通常使用を超える使用による損耗と判断されます。


日照等、自然現象によるフローリング、カーペットの色落ち
貸主負担
 これは自然現象によるものであり、どのような使用をしても避けられず、それを避ける為に日照を遮る事も適当ではないので、これは通常使用による損耗と判断されます。


家具設置による床のへこみ
貸主負担
 家具の設置は生活上止むを得ず、その重量によって日々少しずつ床に凹みができるは通常使用による損耗と判断されます。


飲み物等をこぼした事による床のシミ、カビ
借主負担
 飲み物をこぼす事自体を完全に防ぐ事はできない為、それ自体は通常使用の範囲内だが、それを放置した事によって発生したカビやシミは通常使用以上の使用による損耗と判断されます。


テレビ、冷蔵庫等電気焼け
貸主負担
 テレビ、冷蔵庫は生活必需品であり、その設置によって避けられない電気ヤケは通常使用による損耗と判断されます。



建材具関係

地震等、自然現象で割れたガラス
貸主負担
 自然現象で割れた場合は、賃借人に何ら責任は無いので、修繕費用は賃貸人負担という判断になります。


網戸の張替え(特に毀損していない場合)
貸主負担
 これは次の入居者を誘致する為のグレードアップや管理維持目的のものである為、費用は賃貸人負担と言う判断になります。


設備関係

クーラー、浴槽等、耐用年数の到来による設備機器の交換
貸主負担
 耐用年数が到来して交換する場合は、通常使用、経年劣化によるものなので、賃貸人負担という判断になります。(耐用年数以前に毀損などした場合は賃借人負担)


次の入居者確保の為に行う浴槽、便座等の交換
貸主負担
 特に毀損等していない場合で設備機器を交換する場合は、賃貸人負担という判断になります。


鍵の取替え
貸主負担
 鍵を紛失等していない場合で交換する場合は賃貸人負担という判断になります。(失くしたり、毀損した場合での交換は賃借人負担)


水回り関係

コンロ、換気扇の油汚れ
借主負担
 油汚れなど、キッチンでの汚れの発生自体は通常使用の範囲内ですが、それを放置して通常のハウスクリーニングで落ちないレベルの油汚れは賃借人負担という判断になります。


風呂、トイレ等のカビ
借主負担
 水廻り関係の設備使用によってカビ自体の発生は避けられませんが、それを放置した事によって被害が大きくなった場合は、その修繕費用は賃借人負担という判断になります。





copyright© 2010- 敷金返還請求トラブル.jp All Rights Reserverd.
当サイトの許可なくコンテンツの一部又は全文のコピーならびに転用の一切を禁じます。