敷金返還請求トラブル・通常損耗・善管注意義務

敷金返還請求トラブル.jp
敷金、原状回復、相談先の法律専門家等、敷金トラブルのポータルナビ&リーディングサイト

トップページ 相談する 回答する

通常損耗と借主の善管注意義務

通常損耗とは何か?その範囲とは?

原状回復の原則として、通常使用による損耗(通常損耗)は修繕費用を負担する必要が無い、と言われても、具体的にどういったケースが通常使用なのか?どういう損耗が通常損耗なのか?分からないですよね?ならば、具体的な例をお教えしましょう。

通常損耗に関してはガイドラインで一般的事例として複数例明示されています。当サイトでは、その中でもよくある事例を抜粋してご紹介します。

これらはどんなに丁寧に部屋を使っても損耗や劣化が避けられないものですよね?こうしたものは通常損耗と判断されるのです。

又。特に毀損はしていないが、次の入居者確保の為に行うような以下に挙げる設備の交換に掛かる費用も借主は負担する必要はありません。


借主の善管注意義務違反→通常損耗以上の損耗って事です

次に、通常使用以上の使用をした事によって発生した損耗の範囲や事例をご紹介します。法律的には借主の善管注意義務違反(善良な管理者の注意義務違反の略です)と呼ばれるものです。

もうちょっと分かりやすい法律用語で言うと、「故意または過失」と言うやつで、ざっくりと言うなら「わざと、または不注意」と言う事を指している用語なんです。

例えば、

などなど、これらは通常使用を超えた使用によって発生した損耗ですので、修繕費用を負担する必要が出てきます。

ただし、現存価値を考慮するものに関しては、その時点での現存価値分のみの費用負担でOKです。





copyright© 2010- 敷金返還請求トラブル.jp All Rights Reserverd.
当サイトの許可なくコンテンツの一部又は全文のコピーならびに転用の一切を禁じます。