敷金返還請求トラブル.jp・

敷金返還請求トラブル.jp
敷金、原状回復、相談先の法律専門家等、敷金トラブルのポータルナビ&リーディングサイト

トップページ 相談する 回答する

畳1枚だけですが、私の不注意でタバコのコゲ跡をつけてしまい・・・

畳1枚だけですが、私の不注意でタバコのコゲ跡をつけてしまい、退去時に担当者から「1枚だけ替えると、他の部分との色の違いが目立つ為にその部屋全体の畳を替えます」と言われました。

原状回復と言われて、そんなもんなのかと思ったりもしたんですが、法律的にはどうなのでしょうか?

(質問no.3 ニックネーム:まつださん 愛知県)

回答
原則的には一枚の補修(交換)だけで問題ない



原状回復をめぐるトラブルとガイドラインによれば、賃借人の故意、または過失によって生じた部分の最低限の単位での補修でよいとされています。(例えば、カーペットや壁紙ならu単位)

畳の場合は、毀損箇所が複数で無い場合は(複数にわたっていても、1枚に収まる範囲ならば)、その部分の枚数だけの修繕でよいのです。

ただし、畳がカーペットや壁紙と違うのは、経過年数による残存価値を考慮しない為、畳を新しい物に交換するという形での修繕となります。(畳、襖、障子などは消耗品的な意味合いが強い為、経過年数を考慮することになじまないのです)

ですので、畳1枚分の費用負担は止むを得ないにしても、「色を合わせる為」という不動産業者側の考えにより費用を負担することはありません。(物件設備のリフォームやグレードアップ的な意味合いであり、これは原状回復とは関係無いからです)



回答者 : サイト管理人たかひさ  この回答者の詳細はこちらをクリック





copyright© 2010- 敷金返還請求トラブル.jp All Rights Reserverd.
当サイトの許可なくコンテンツの一部又は全文のコピーならびに転用の一切を禁じます。