・敷金返還請求トラブル.jp

敷金返還請求トラブル.jp
敷金、原状回復、相談先の法律専門家等、敷金トラブルのポータルナビ&リーディングサイト

トップページ 相談する 回答する

飼っている猫が部屋の柱を引っかいて傷になってしまいました。

飼っている猫が部屋の柱部分を引っかいてそこが傷になってしまいました。不動産屋さんからは、「この部分は弁償(?)してもらいます」と言われていますが、そもそもそのマンションはペット飼育可能なマンションだし、飼っている猫も不動産屋さんにちゃんと登録の書類を届けていたものです。

不動産屋さんの手続きに沿って飼育していたこういう場合でも私が弁償しなければいけないんでしょうか?

(質問no.4 ニックネーム:飯野さん 東京都)

回答はこちら

回答
残念ながら、修繕義務あり。



ペットが住んでいる物件を傷つけた場合は、賃借人の故意又は過失による毀損と判断されます。又、ペット飼育可能のマンションであっても、それはあくまで「ペットを飼育して良い」というに過ぎず、ペットによる物件の毀損の修繕義務を免除している訳では無いと判断されます。

よって、ペットによる毀損部分は残念ながら賃借人負担で修繕しなければいけません。尚、柱は物件の基礎となっているような建具ですので、経過年数による現存価値は考慮されません。



回答者 : サイト管理人たかひさ  この回答者の詳細はこちらをクリック





copyright© 2010- 敷金返還請求トラブル.jp All Rights Reserverd.
当サイトの許可なくコンテンツの一部又は全文のコピーならびに転用の一切を禁じます。