敷金返還請求トラブル.jp・約16年住みました賃貸住宅を先日退去しました。敷金は2か月分、128千円。家賃は66千円です。

敷金返還請求トラブル.jp
敷金、原状回復、相談先の法律専門家等、敷金トラブルのポータルナビ&リーディングサイト

トップページ 相談する 回答する

約16年住みました賃貸住宅を先日退去しました。敷金は2か月分、128千円。家賃は66千円です。

ご相談させて頂きたく存じます。

約16年住みました賃貸住宅を先日退去しました。敷金は2か月分、128千円。家賃は66千円です。

3月に一度清算書が届き確認したところ、クロス張替え代金が、50%請求されていた為、「ガイドラインに法った形だと、6年以上入居の場合は、10%負担が妥当とありましたが、今回は該当しないのですか?」と言う旨の問い合わせをした所、その部分を修正した清算書が届きましたが、同封されていた文書に、(1)フローリングの損傷は張替えでなくリペアにしたり(フローリングの修繕費は、当方負担で納得しています)(2)微妙な部分は塗装処理の範囲に入れて入居者負担0%にしたり(3)因果関係の薄い、負担判定の難しい部分を一切不問にしたり・・・した上で、オーナーさんと入居者さんとのバランスを取り、提案したつもりでした。との記載があり、疑問に思いました。

また、ガイドラインに関しても(1)法令ではありません。(2)入居契約時に、ガイドラインを前提にした契約ではなく、従前の原状回復義務の表現のものでの契約でした。とあり、適応されるのかされないのか曖昧な表現でした。

最後に連絡方法を、当方女性の為電話でのやり取りは極力避けたく、「全て文章で」指定した所、(1)電話で済む内容だと存じますし、逆に入居中のお互いの了解事項・黙認事項など、細かいニュアンスが伝わらないケースもありますので、・・・と、電話でやり取りをしたい様な内容がありました。

最終的には、クロス張替え10%での修正案が来て、31,847円の返還となりましたが、不動産業者の対応に不信感を感じたので、不動産業者の言い分が正しいのかどうなのかを知りたくて、ご相談させて頂きました。

お忙しいところ恐縮でありますが、ご対応をよろしくお願いいたします。

(質問no.20 ニックネーム:池田さん 埼玉県)

回答
特に問題ないと考えます。



>適応されるのかされないのか曖昧な表現でした。

ガイドラインの扱いに関しては不動産業者の言うとおりです。法律ではありませんし、必ずしもそれに沿った契約をしなければいけない訳ではありません。

とは言え、争いになった際、裁判所が基準として用いるのはガイドラインですが、個々の物件の状況や契約状況(いわゆるお得物件等)により、ガイドラインに沿っていない契約をする事自体は可能です。


>フローリングの修繕費は、当方負担で納得しています
>最終的には、クロス張替え10%での修正案が来て、31,847円の返還となりましたが、
>不動産業者の対応に不信感を感じたので、

ガイドラインに沿った判断をすれば1円にまで下がりますが、経年劣化を考慮しない箇所(フローリングはその代表的箇所です)の毀損部分もある可能性や対象になっている金額を考えれば、これ以上細かなやり取りは費用対効果の面から見合いませんし、対応自体、特に悪徳と言う程のものではないと考えます。


>最後に連絡方法を、当方女性の為電話でのやり取りは極力避けたく、「全て文章で」指定した所

ハッキリ言えば、数万円の為にいちいち文書を作成し、郵送の手続きをするのが面倒なのでしょうね。

そうした対応が個人的に気に入らないのであればそれはそれで仕方ありませんし、最低でもFAXのやりとりでも良いとは思いますが、入居者がFAXを持っていない場合等であれば電話でのやり取りをする事は比較的多く、残念ですがそれ自体が何か問題になる訳ではありません。



回答者 : サイト管理人たかひさ  この回答者の詳細はこちらをクリック





copyright© 2010- 敷金返還請求トラブル.jp All Rights Reserverd.
当サイトの許可なくコンテンツの一部又は全文のコピーならびに転用の一切を禁じます。