敷金返還請求トラブル.jp・契約書に特約が定められていて、クリーニング費用

敷金返還請求トラブル.jp
敷金、原状回復、相談先の法律専門家等、敷金トラブルのポータルナビ&リーディングサイト

トップページ 相談する 回答する

契約書に特約が定められていて、クリーニング費用・・・

契約書に特約が定められていて、クリーニング費用一式を退去時に賃借人が負担する旨決められていました。契約時にきちんと契約書を読まなかった私に非があるのでしょうが「一式」という部分に不安を感じます。一式とは法律的にはどの程度の範囲を指すのでしょうか?

又、そもそもクリーニング費用は自動的に発生するものなのでしょうか?特約ということは特別な取り決めという事ですよね?普通だったらかからないという事でしょうか?

(質問no.1 ニックネーム:アベさん 東京都)

回答
負担しなくて良い費用まで含まれていないか確認を



良くあるパターンと言えばパターンですね。通常損耗や、経年劣化など、本当は原状回復費用を取れないと分かっているのに何とか賃借人の敷金を返還したくない業者さん(大家さん)が原状回復費用をクリーニング費用一式といった形で総額で請求してくるような場合、かかる費用の明細を求めて確認を。

クリーニング費用自体はかかってもしょうがない場合も多くありますが、それはあくまでも清掃費用分だけ。壁紙の張替え費用等、通常損耗によって負担しなくてもよい金額まで入っている可能性があるので必ず確認を。

もしそうした費用が入っていた場合、内容証明郵便にて支払いの拒否及びその分の費用の返還請求をしましょう。

又、特約についてですが、お察しの通り特別な取り決めです。特約を定めること自体は問題ありませんが、特約で定めたからといってその内容全てが有効になる、という訳でもありません。

特に原状回復に関して特約を定めるケースが散見されますが、ガイドラインでは、特約に関して事前に明確な説明があり、それを定める正当な理由がある等の事情がない限り、特約は効力を持たないと考えられています。



回答者 : サイト管理人たかひさ  この回答者の詳細はこちらをクリック





copyright© 2010- 敷金返還請求トラブル.jp All Rights Reserverd.
当サイトの許可なくコンテンツの一部又は全文のコピーならびに転用の一切を禁じます。