・敷金返還請求トラブル.jp

敷金返還請求トラブル.jp
敷金、原状回復、相談先の法律専門家等、敷金トラブルのポータルナビ&リーディングサイト

トップページ 相談する 回答する

新築マンションを退去する際、壁、天井、洗面所にカビがあり・・・

新築のマンションに2年間住み、退去する際、壁、天井、洗面所にカビがあり、その修繕費用が30万円かかると言われました。

月額の家賃が9万8千円の物件で2か月分の家賃を敷金として入れていたので、その分を充当するから敷金は返せないと言われましたが、本当でしょうか?

カビくらいは出ちゃうと思うのですが、修繕費用が30万の高額と言うこともあり、納得できません。

(質問no.9 ニックネーム:菅谷さん 埼玉県)

回答
カビの状況により、一部、負担義務が発生する可能性が



確かにカビの発生そのものを完全に防ぐ事はできません。又、新築の住宅は湿気がまだ抜け切らない事もあり、築年数が幾らか経過したものに比べてカビが発生しやすいのも事実です。

ただ、そうであっても、通常の生活をしていく中でカビ等の除去や清掃などは賃借人の義務であり、そうした事を怠っていたのであれば、善管注意義務違反との判断を受ける事になります。

又、文面からではどうしても受け取れる情報に限界があるのですが、そのカビの程度がどの程度のものであったのかというのもポイントです。

通常の清掃で(これはあなたがやってもいいですし、ハウスクリーニング代を負担するという形でも構いません。これはご自身の選択になりますが)、そのカビが除去できる程度のものであれば、修繕費用の負担は必要ないですし、それで除去しきれない程度まで来てしまっているならば、やはりカビ発生後のあなたの手入れに問題があり、その場合は修繕費用を負担しなければいけないと考えます。

因みに、今回のご相談と類似の裁判例がありまして、そこでは賃借人が修繕費用の一部、3万円を負担する旨、判決が出ています。



回答者 : サイト管理人たかひさ  この回答者の詳細はこちらをクリック





copyright© 2010- 敷金返還請求トラブル.jp All Rights Reserverd.
当サイトの許可なくコンテンツの一部又は全文のコピーならびに転用の一切を禁じます。