敷金返還請求トラブル・畳やフローリングの傷

敷金返還請求トラブル.jp
敷金、原状回復、相談先の法律専門家等、敷金トラブルのポータルナビ&リーディングサイト

トップページ 相談する 回答する

畳やフローリング、カーペットに傷がついた場合

判断は傷がついたシチュエーションによる

敷金のトラブルでほとんどの場合に出てくるのが床の問題です。面積が大きく、消耗も激しい、そして傷を付け易い箇所でもある。こういうケースでは大きく分けて2パターンに分類されます。それは

1番目の事例の法律的な判断としては、タンスなど生活の必需品を設置するのは当然の事であって、その重量で床(フローリング、カーペット、畳)が凹んでしまうのは止むを得ないとの判断になります。

つまり、これらの凹みは通常使用による損耗という事になり、それによって仮に修繕をする場合でも、その費用は貸主負担となります。

2番目の事例では、イス(キャスター付きのイスを含む)を使用したり、家具等を動かしたことによってできた床の傷は、床の上に保護マットや絨毯等を敷くなどして傷が付くのを防ぐ事ができる訳ですから、通常使用以上の使用による損耗となり、その傷の補修費用は賃借人負担となります。


床補修の負担割合は?

では、賃借人に修繕の義務があるとして、修繕の範囲の割合や、費用負担の割合はどうなるのでしょうか?ガイドラインでは以下のように定められています。

畳の場合
毀損部分がある1枚単位。毀損が複数枚に渡る場合はその枚数。修繕費用の割合は、畳自体、消耗品としての扱いの為、経過年数、現存価値の考えは適用されません。

フローリングの場合
原則としてu単位。ただし、毀損部分が複数に渡る場合は、全体。費用負担の割合は、部分補修の場合は経過年数は考慮されませんが、全体補修の場合は現存価値を考慮して決定します。

カーペットの場合
原則として毀損部分のみ。ただ、毀損部分が複数に渡る場合は全体。費用負担の割合は経過年数、現存価値の範囲での負担となります。


床問題のまとめ

費用負担の割合は床の種類や毀損の状況により枚数単位、部分単位、全体など、ケースバイケース(と言わざるを得ません。残念ですが)。





copyright© 2010- 敷金返還請求トラブル.jp All Rights Reserverd.
当サイトの許可なくコンテンツの一部又は全文のコピーならびに転用の一切を禁じます。