敷金返還請求トラブル・たばこの煙、壁紙の汚れ

敷金返還請求トラブル.jp
敷金、原状回復、相談先の法律専門家等、敷金トラブルのポータルナビ&リーディングサイト

トップページ 相談する 回答する

たばこのヤニ、煙による壁紙の汚れは?

タバコの煙は過失のように思われるが・・・

タバコの煙、ヤニによって壁紙が黄ばんだりした場合、一般的には入居者の故意、又は過失として壁紙の張替え費用を負担しなければいけなさそうに思われますよね?

まぁ、あながち間違いでも無いといえば無いんですが、まず、通常のハウスクリーニングで除去できるレベルのものであれば、タバコの煙も「通常使用の範囲内」として、通常損耗の範囲内となり、それで壁紙を張り替える場合は貸主負担となるんです。

で、問題はクリーニングで除去できないレベルにまで来てしまったヤニや黄ばみ。

この場合は、部屋全体が対象になり、張替えの費用を負担しなければいけません。(ただし勿論、壁紙は経過年数に応じた現存価値の割合での負担となります)


壁紙補修の面積割合

さて、残念ながら、通常のクリーニングで除去できないレベルにまできてしまい、壁紙を変える事になってしまったとして。。どの位の面積割合の負担をしなければいけないのでしょうか?

ガイドライン上の回答としては、原則u単位としていますが、張替えが必要なレベルの場合は、汚れてしまっている部分を含んだ一面分までを借主負担とする、としています。

つまり、全体の費用を負担しなければいけないと言うことですね。愛煙家の皆さん、この点は注意ですよ。

因みに、これは壁紙だけでなく、天井クロスの補修についても同様です。


壁紙・クロス問題のまとめ

費用負担は経過年数・現存価値に応じてその割合を決めます。又、毀損部分が限定していればu単位での部分補修でOKですが、複数にまたがる場合は1面補修となります。





copyright© 2010- 敷金返還請求トラブル.jp All Rights Reserverd.
当サイトの許可なくコンテンツの一部又は全文のコピーならびに転用の一切を禁じます。