敷金返還請求トラブル・敷金問題の法律相談

敷金の返還請求トラブル、法律相談は「敷金返還請求トラブル.jp」にお任せ
敷金、原状回復、相談先の法律専門家等、敷金トラブルのポータルナビ&リーディングサイト

トップページ 相談する 回答する

契約時に支払った敷金25万円、返ってこないと知ったら、どうしますか?

賃貸アパートの退去時、不動産屋さんから言われた言葉

「壁紙とか床も結構痛んでるね。壁紙は多分、総張替えだな。。部屋の汚れも全体的に酷いからクリーニングも専門的なの入れないといけないし・・。中々大変だけど、大丈夫。費用は敷金から差し引くから。差し入れてもらった敷金分で足りると思うよ。こういう時の為の敷金だしね。まぁ、原状回復ってのがきまりだから、ね」

そんな時、あなたならどうでしょう?

勿論、諦めるのも人生。事を立てるのメンドクサイですしね。。愚痴を言ったりドンチャン騒ぎして忘れるのもOK!自由ですよ。でも、どうしても引っかかる。ひょっとしたら本当は戻ってくるんじゃないか?不動産屋の言う事がどうも信用できない。

そうです、私です。

そんな時は・・・
当サイトが、お困りなあなたのお力になれますよ!



敷金の事を学んで、幾らかでも取り戻せないかちょっとだけ踏ん張ってみませんか?

どんなケースでも敷金が戻ってくるなんて甘い事は言いません。でも、正当な言い分だけはキッチリ通しましょう。敷金の返還はその結果に過ぎない、ある意味で当然の事なんです。


敷金に関するルールがある・原状回復をめぐるトラブルとガイドライン

どちらにとってもガイドラインが命綱

不動産屋さんとの退去時立会いやその後の交渉で切り札となるのが国土交通省が定める「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」

これを知らなければ、不動産屋さんの思うツボ。賃借人(部屋に住んでいる人)にも、賃貸人(大家さん)にも絶対必要な知識です。(よく誤解がありますが、これは必ずしも賃借人の立場で作成されている訳ではありません。あくまでも線引きの為のガイドラインなんですよ)



結局、私の場合はどうなるんだろうか?良くある事例

ガイドラインも読んだ。知識は理解した。でも応用ができない。結局私のこのケースの場合はどういう判断なの??

こういう人、多いです。だから敷金に関する相談が絶えない訳ですが。そんな人の為に、具体的なケースとその解説、そして修繕の費用負担が賃借人と賃貸人、どちらに属するかの解説を設けました。


敷金トラブルQ&A集

ここに記載されている敷金相談は、当サイト運営者であるたかひさが、友人、知人、彼らの知り合い等から個人的にお受けしたものをある程度デフォルメして少しずつご紹介しているものです。


カテゴリ別・敷金トラブル相談集


天井、壁紙に関する敷金相談カテゴリ 床に関する敷金相談カテゴリ 水道、バス、トイレ、キッチン等、水廻り設備に関する敷金相談カテゴリ
建具、物件設備に関する敷金相談カテゴリ 契約、特約に関する敷金相談カテゴリ ハウスクリーニング、清掃費用に関する敷金相談カテゴリ

新着の敷金トラブル相談集


賃貸物件・原状回復関係のニュース

国土交通省が「原状回復のガイドラインを改定」

10.10/10、国土交通省は賃貸住宅を退去する際の原状回復をめぐるトラブルを防ぐ為、一般的な原状回復のルールを示したガイドラインを見直す方針を決めた。

この「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を近年の判例や損傷事例を詳しく解説し、実際の事例に当てはめやすい内容に改める。

今年度中に改定版を取りまとめる予定。

このガイドラインは、旧建設省が1998年3月に策定・公表したもので、借り手の故意や過失で生じた損傷の修繕費は、借り手が負担する一方、経年変化や通常の使用による損傷の修繕費は家賃に含まれるとの基本的な方針を提示。

床や壁といった部位別に、通常使用時とそれ以外の使い方で生じる損傷事例を紹介し、2004年2月には、新たな損傷事例などを加えた改定版を出した。

しかし、国民生活センターによると、敷金に関する相談が依然、後を絶たないという。09年度に全国の消費生活センターに寄せられた賃貸住宅の敷金・保証金などをめぐる相談件数は、約1万5000件に上っている。

同省はこうした現状や、「現行のガイドラインは実際の事例に当てはめにくい」といった関係者の意見を踏まえ、ガイドラインをさらに詳しい内容に改め、原状回復に関する新たな判例を追加すると共に、損傷事例の説明も充実させる予定だ。

(10.10/22更新 出典・引用:時事通信、記事を当サイト独自に編集)




copyright© 2010- 敷金返還請求トラブル.jp All Rights Reserverd.
当サイトの許可なくコンテンツの一部又は全文のコピーならびに転用の一切を禁じます。 PR 法律の相談 遺産相続手続き